2007年06月02日

マーベルについて

今日は午後から、岩見川へ、まず上流でイワナ狙い、後半は下流でヤマメを、っということで楽しんできました。釣果は9寸イワナを含め4本のみ、
プレゼンと毛針に課題が大ありって感じでした。さて竿のお話ですが、前半はペゾンのマーベル、後半はWFハーディーを振りました。好みの問題ですが、私はハーディーに変えてからやっぱりこっちだな!と思いながら釣り歩きました。マーベルも良い竿だと思うのですが、あくまでも釣る竿というイメージなのです。扱いやすいのでポンポンとポイントへ毛針を置けるし、近距離もスムーズなのですが・・。バンブーらしさが不足してるのです。7.2Fなので対岸を釣る際は忙しく竿の操作・・あの沢田さんや秋田のトップフライマンの池田さん等、釣り師には御用達品なようです。私はやはりスローアクションで優雅(?)に釣りたいタイプなのでした。とは言え、直線的なループを作り、魚がかかったら離さないこの竿もまた名刀と言えるでしょう。  byオノキュー


posted by clubritz at 22:47| タックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。